2018年5月。Googleのアルゴリズムの変更でSEO対策がどんどん難しくなってる話。

office 3193170 1920 - 2018年5月。Googleのアルゴリズムの変更でSEO対策がどんどん難しくなってる話。

2018年。これからブロガーもどんどん増えそうだなという時代にSEO対策が急に難しくなりました。

今回はその原因と解決策について書いていきます。

SEO対策が難しい

最近、というかこれは2018年になってきてからSEO対策が難しくなってきてます。難しくなってきているというと、「コンテンツが全て!コンテンツの質が全て!!!」と豪語してくる「コンテンツキングマン」がいるから少し表現を変えます。

最近になって、Googleの検索アルゴリズムが変化してきてSEO対策の正解がわかりにくくなっている。

昔のように「コレをやっておけば、とりあえずアクセスは伸びていく」というものが分かりにくくなった。もちろん、質の高いコンテンツを出していくということも含めて。

なんとなく、このサイトのキャラクターでる「ふたまる」を使いたいので、代わりに説明させます。

e25a3a387ead7dd89732286140920e0a - 2018年5月。Googleのアルゴリズムの変更でSEO対策がどんどん難しくなってる話。
ふたまる

最近の検索アルゴリズムはどうやら、コロコロ変わってる。被リンクによって上がったかと思ったら、次の日には圏外まで吹き飛んでたりする。

とおもったら、スパムみたいな記事が1ページ目に出ていたりする。いつかのアンテナサイトとかもでてくる。ただ、次の日には消えていたりする。

こんなふうに変わっているから、「○○をしたら、上位表示できた!」というノウハウが作りづらい。

ということです。実は、ある程度理由もつかめているのですが、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

2017年と2018年の大きな違い

design 3372889 1920 1024x683 - 2018年5月。Googleのアルゴリズムの変更でSEO対策がどんどん難しくなってる話。

2017年までの検索アルゴリズムは、この業界で仕事している人は確実に知っているように、「ペンギンアップデート」や「パンダアップデート」などの「〇〇アップデート」を堺に操作されてました。

今でも、「医療アップデート」はよく覚えている人もいるでしょう。これによって、”意図的に”検索アルゴリズムが変えられているのをみんなが認識していたはずです。

ただ、2018年になって、どうやら検索アルゴリズムが分かりにくくなりました。これはGoogleの検索アルゴリズム「RankBrain」のAI化が開始され始めたことと関連があると思います。

※「RankBrain」でのAI化は2017年ごろから騒がれていました。

e25a3a387ead7dd89732286140920e0a - 2018年5月。Googleのアルゴリズムの変更でSEO対策がどんどん難しくなってる話。
ふたまる

最近ブログを始めたばかりで詳しくない人のために説明すると、「RankBrain」はGoogle独自のサイト評価システムみたいなもの。

これによって、サイトの検索順位が上下すると言われてる。

アップデートの自動化

これによって、「○○アップデート」は廃止してもいいようになりました。というよりも、ほぼ毎日が「○○アップデート」状態になりました。

医療アップデートくらいのインパクトのあるものじゃないと、大きなアップデートは起こすつもりが無いのかもしれません。

検索毎のアップデート

「じゃあ、どれくらいの頻度でアップデートされてるの?」という声が出そうですが、一応非公開です。ただ、僕は「検索毎」にアップデートされているのでは?と思っています。

なぜか。それは、検索毎に検索結果が変わっているからです。

試しに、「ふたまる」と検索してみましょう。

199877942d6ef72210d5e21f6775d2a1 1024x616 - 2018年5月。Googleのアルゴリズムの変更でSEO対策がどんどん難しくなってる話。

そして、検索結果に出てきたサイトを片っ端からアクセスして、ブラウザバック(戻る)してください。多分、検索結果のリンクの色が変わってますよね。

その状態で、もう一回検索し直してください。

df50acce90ffa6ad930a66bd8fec8611 1024x587 - 2018年5月。Googleのアルゴリズムの変更でSEO対策がどんどん難しくなってる話。

こちらが2回目の検索結果です。3位に色が変わってないリンクがありますね。つまり、この間でGoogleが判断して検索順位を変えています。

もちろん、こういったことは昔からGoogleが自動的にやってました。すでに検索したことがあるサイトを上位に表示してくれたりと、個々のユーザーの履歴によって表示の仕方を変えてくれてました。

ただ、最近はこれがとても顕著なのです。あなたも何個か別のワードで試してみてください。ひどいものだと、2ページ目より奥まで飛んでいきます。

2018年これからすべきSEO対策の具体例

じゃあ、これからどんなSEO対策をするべきなんだ?という話になるでしょう。

正直なところ検索アルゴリズムハック(検索アルゴリズムを攻略して、それにあったサイトを作ること)をやめたほうがいいです。

今まではあくまでも「人間の意図」が介入してました。だからこそ、それにあった対策が可能だったんです。ただ、それが機械のみとなると、意図が読めません。なぜ上位表示されているかは、誰にもわからないということです。

(GoogleのSEO系のフォーラムで毎回話してくれているジョン・ミューラー氏によると、すべてのアルゴリズムを理解している人間はGoogle内に存在してはいるようです。)

だから、今後しっかりしたサイトを作る予定ならば、アルゴリズムハックをやめて、今特に重要視されている「UX(ユーザー体験)」に集中すべきです。

e25a3a387ead7dd89732286140920e0a - 2018年5月。Googleのアルゴリズムの変更でSEO対策がどんどん難しくなってる話。
ふたまる

ユーザー体験という観点から、Googleが最近声を上げているのが「MFI(モバイルファーストインデックス)」「スニペット関連」「ページ表示速度」「PWA」あたりだ。

MFI(モバイルファーストインデックス)

まず最初に言われているのが「MFI(モバイルファーストインデックス)」。

これは、ページの検索順位を決める際に、モバイル版のページ表示を利用するというもの。もし、PC版とモバイル版でURLが異なる場合は、簡単に参照できる場合はモバイル版を優先するとのこと。(mのサブドメインで運営しているなど)

Googleはほとんどの人がスマホでネットを利用している現実を受けてこれを行ってます。あなたのサイトもスマホには優しくするべきだと思います。

強調スニペット

次に、強調スニペット(というかスニペット関連)と構造化マークアップ。

どちらも「検索結果表示画面」で影響してくるもの。強調スニペット自体は最近言われ始めたので少し説明を加えます。

d17c4839fa9e7f4093ac67202528ee2a 1024x640 - 2018年5月。Googleのアルゴリズムの変更でSEO対策がどんどん難しくなってる話。

これは「SEO 料金」と検索した時ですが、料金表が検索結果画面に出ているのがわかると思います。

ちなみに、これは誰かの記事や何かの中で紹介されている料金表が、一部抜粋されてGoogleが表示してるものです。これを強調スニペットっていいます。別名「検索結果0位」です。

e25a3a387ead7dd89732286140920e0a - 2018年5月。Googleのアルゴリズムの変更でSEO対策がどんどん難しくなってる話。
ふたまる

検索時にすごく目に入るし、内容もわかりやすいから「検索結果0位」というのもあながち冗談じゃないな。

強調スニペットによって実際に検索流入が増えた例「強調スニペットとして表示された場合のクリック率は上がるのか?下がるのか?」などもあるので参考にしてください。

で、この「強調スニペットを行いたい!」と誰もが思うはずなので、実装方法を簡単にいうと、「綺麗にHTMLのマークアップをするだけ」なのです。

どういうことかというと、「表はtable,th,tdタグを使う」「リストはulかolをつかう」とかその程度なのです。あとは半分運要素のようです。

※ちなみに、強調スニペット自体は昔からありますが、最近特に手が出てくる範囲が増えたということです。

構造化マークアップ(schema.org)

構造化マークアップというものを知らない人もいると思います。特にWordPressを使ってブログを書いている場合。

パンくずリストや、ブログの記事などの構造をHTML上に記述するものです。更新日とかもそうです。

f907a7f46a4fa6c0f261a0c08b215ffc - 2018年5月。Googleのアルゴリズムの変更でSEO対策がどんどん難しくなってる話。

この画像の様に、アクセス前に構造がわかるものがあると思います。これが構造化マークアップによる効果です。

ちなみに、構造化マークアップは「data-vocabulary」というものも知られていますが、Schema.orgを利用したほうが良さそうです。

 

これは、ジョン・ミューラー氏が「私だったらドキュメントに書いてあるマークアップをする」と言ってるからです。

Google Speed Update

次は、GoogleのSpeedUpdateについての話です。詳しく知らない方は「GoogleSpeedUpdate」について調べましょう。

「スピードアップデートって言うから、高速化しなきゃ!」と勘違いする人もいますが、そこまで速度競争みたいなものではありません。「極端に遅いサイトは圏外に吹き飛ばすかも」という程度です。

気になる人はPageSpeed Insightsとかで調べましょう。僕は一応普段運営のサイトはグリーン状態を心がけています。(AMPもサイトによってはやっています)

ちなみに、表示速度を上げるならレンタルサーバーは「エックスサーバー」を断然オススメします。法人プランも新しく出ました。それ以上に知識がある人には何もいいません。

他のドメイン変えるところに付随してるサーバーは絶対におすすめしません。

PWA(プログラムに詳しい人向け)

PWAとは「プログレッシブウェブアプリケーション(Progressive Web Apps)」の略です。

Googleのサービスなどを思い浮かべながら説明するとわかりやすいのですが、純正のスマホアプリのように動くWebサイトです。

ネイティブアプリのようなUXを提供できるので、PWAを実現する = UXを向上しているということになりやすいです。ただ、PWAは難易度が結構高めなので、詳しい人や挑戦したい人のみにしておくといいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたが、今はGoogleの検索アルゴリズムがAI化し、SEO対策が難しくなっていきています。今回説明した

まとめ
  • MFI(モバイルファーストインデックス)
  • 強調スニペット
  • 構造化マークアップ
  • GoogleSpeedUpdate

あたりはぜひ覚えておいてくださいね。

ふたまる&ゆかもんのYoutubeチャンネル

ふたまる&ゆかもんのほほんゲームチャンネルでスプラトゥーンやフォートナイトを配信しています。

ぜひ見てね!

banner 486x290 - 「ふたまる&ゆかもん」のほほんゲームちゃんねる とは?

「ふたまる&ゆかもん」のほほんゲームちゃんねる とは?

2018年8月11日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふたまる

ふたまるです。中高とFPSゲームばかりやっていたところ、大人になっても大人になりきれず生活しています。ゲームを本気でやる傍ら、Web屋をしたり、SEO屋をしたりしています。 なんだかワクワクできるようなテクノロジーなどが大好きです。VRを使った月面でFPSゲームみたいのがいつか作りたいなあなんて思ってます。