アイアンスローン(Iron Throne)とは?実際にプレイして評価・レビューしてみた。(動画あり)

IMG 9844 - アイアンスローン(Iron Throne)とは?実際にプレイして評価・レビューしてみた。(動画あり)

先行登録から話題になっていた「アイアンスローン(Iron Throne)」を実際にプレイしてみました。

今回は、ゲームの印象や評価・レビューをしつつ、プレイ動画も紹介していきます。

アイアンスローンとは?(Iron Throne)

f546fe1912526c1764f984a769a19095 1024x252 - アイアンスローン(Iron Throne)とは?実際にプレイして評価・レビューしてみた。(動画あり)

アイアンスローンは、2018年5月16日から配信されたMMOストラテジーゲーム。事前登録時点で100万人いたほどの人気を呈して開始されました。

ゲームの中では、「領主の拡大」(育成・生産・開発・制作)や、「次元の扉」「バトルロイヤル」(戦闘)などができます。

e25a3a387ead7dd89732286140920e0a - アイアンスローン(Iron Throne)とは?実際にプレイして評価・レビューしてみた。(動画あり)
ふたまる

MMOストラテジーゲームは「放置」があるから、基本的に苦手なのだけど、頑張ってやってみたよ。

スポンサーリンク

実際のプレイ動画

実際にふたまるがプレイしてみて、それを動画にして「ふたまるちゃんねる」にアップロードしてみました。

放置の間にも、タウンというRPGみたいな要素で遊んだり、「ワールド」というところでモンスターを倒したりとなかなかやることがたくさんあります。

e25a3a387ead7dd89732286140920e0a - アイアンスローン(Iron Throne)とは?実際にプレイして評価・レビューしてみた。(動画あり)
ふたまる

他のゲームで言う「ギルド」みたいなものはこのゲームでは「連盟」という名前で存在してるぞ。

今は日本人もあまり多くないから、連盟のメンバーに対してヘルプを出すと積極的に助けてくれる。

面白いポイント

IMG 9845 1 1024x576 - アイアンスローン(Iron Throne)とは?実際にプレイして評価・レビューしてみた。(動画あり)

 

それでは、実際にやってみて面白かったポイントを纏めてみました。

序盤のアップグレード系がサクサク

まず、序盤のアップグレード系がサクサク進むところがいいなという印象です。無料で「建設」や「作業」を加速できます。

よくあるスマホアプリのストラテジーゲームはすぐに「資源」が尽きて、資源を確保する「生産型」をアップグレードする資源さえ無い,,,みたいな状況に序盤からなりやすいのですが、資源もプレゼントでくれるため枯渇しにくいです。

領主が1~10レベルくらいのときは、ほとんど連続でプレイできると思います。

放置する間にもいろんなことができる

IMG 9846 1024x576 - アイアンスローン(Iron Throne)とは?実際にプレイして評価・レビューしてみた。(動画あり)

アップグレード中は、どうしても「放置」をするしかないのですが、放置する間にも他にいっぱいやることがあります。

  • 武器防具の開発・生産・アップグレード
  • ワールドでの「モンスター討伐」「資源確保」など
  • タウンモード
  • 次元の扉

などなど。これらの要素のおかげで、アップグレード中に待機するだけということが少ないです。

e25a3a387ead7dd89732286140920e0a - アイアンスローン(Iron Throne)とは?実際にプレイして評価・レビューしてみた。(動画あり)
ふたまる

ふたまるが最初にゲームを始めたのが夜の10時で、気づいたら朝の6時までやっていたぞ。

プレゼントがいっぱい貰える

これは日本で広まってるゲームだと珍しく、運営からの「プレゼント」系がしっかりしています。

デイリーイベントでプレゼント、「初期クリア報酬」でプレゼント、アクション毎にプレゼント、イベントとしてプレゼントなどといって、いろんな約立つアイテムをくれます。

アイテム一覧を確認する暇が無いくらいもらえるので、嬉しいですね。

e25a3a387ead7dd89732286140920e0a - アイアンスローン(Iron Throne)とは?実際にプレイして評価・レビューしてみた。(動画あり)
ふたまる

プレゼントでもらったアイテムを使うと、資源を確保できたり、アップグレードのスピードを短縮できたりするぞ。序盤で役立つ装備品などももらえるぞ。

次元の扉など、やりこみ要素がある

本来、MMOストラテジーゲームは「領土レベルゲー」になりがちです。領土レベルが高い人が、低い人の領地からいろんな資源を奪っていくという「領土レベル」が全てという状態になりやすいです。

「領土レベルゲー」になってしまうと、途中から創意工夫もなく、ただアップグレードをして待つだけという状態になりやすいですが、このゲームは少し違います。

次元の扉という要素があり、そこでは部隊数に制限があったりするので、最終的には戦略が求められます。さらに次元の扉のチャレンジモードというもの(1日に使える兵士数が決まっている)も存在するので、やりこみ要素抜群です。

スポンサーリンク

総評:よくあるストラテジーゲームの上位互換

ふたまるがいろいろゲームをやってきた感想ですが、「アイアンスローン」は今すでにあるMMOストラテジーゲームの上位互換的な存在かなと思います。

クラクラみたいに相手の領土を「どう攻めるか」に特化しているゲームではないので、そういうアクション要素に期待する場合は微妙かもしれません。

「レベリング」「協力」「戦略」あたりのキーワードがメインになるゲームかなと思います。ふたまるは「futamaru」でプレイしているので、是非ゲーム内で見つけてください。

 

 

ふたまる&ゆかもんのYoutubeチャンネル

ふたまる&ゆかもんのほほんゲームチャンネルでスプラトゥーンやフォートナイトを配信しています。

ぜひ見てね!

banner 486x290 - 「ふたまる&ゆかもん」のほほんゲームちゃんねる とは?

「ふたまる&ゆかもん」のほほんゲームちゃんねる とは?

2018年8月11日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふたまる

ふたまるです。中高とFPSゲームばかりやっていたところ、大人になっても大人になりきれず生活しています。ゲームを本気でやる傍ら、Web屋をしたり、SEO屋をしたりしています。 なんだかワクワクできるようなテクノロジーなどが大好きです。VRを使った月面でFPSゲームみたいのがいつか作りたいなあなんて思ってます。